2017年01月15日

大雪

週末は大雪というこで昨日の土曜日の午前中は急ぎタイヤ交換。 午前中約2時間かかりました。 ジャッキアップしての自力で交換。 15kgのタイヤをセッティングする為に持ち上げるのに苦労しました。 いつまで自力で交換できるか心配になってきました。

そして夕方から雪が降り始めました。

そして今日朝起きたら真っ白の風景が広がっていました。タイヤ交換して良かったです。

DSC_2193.JPG

買い物に行かないと食料がないということで妻と一緒に午後から近くのスーパーへ。 駐車場は銀世界でした。

DSC_2197.JPG

帰宅後、妻は雪だるま制作を。 目は私が入れました。

DSC_2194.JPG

私は霞ヶ浦緑地へ練習に行きました。 しかし 南コースはドームの前のコースが雪に埋もれて走れず、断念。

BAhbB1sHOgZmIkpOZWdhLzIwMTcvMDEvMTUvMjMvMzQvMDUvODY0L2MxZDI5YTE2MjY3NzU5ZGQyMzMwZjJhYmU5YzBlNzk5ZDg3ODAwZjZbCDoGcDoKdGh1bWIiDTUwMHg1MDA+.jpg

北コースへ移動。 ここも膝下まで雪がありましたが、とりあえず走りました。
しかしほとんど歩く様なスピードでした。

DSC_2199.JPG

1995年のクリスマス寒波を思い出します。 あの時はもっと凄かったです。

さて明日はどこを走るのか思案中です。 それよりも明日無事出勤できるかどうか心配です。
posted by あっきー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

Dコースの距離は?

今日のテーマは練習場所である四日市中央緑地公園のDコース(仮称)の距離についてです。

先日、会社で同僚Sさんと中央緑地公園の工事について話をしていると
Sさんが「あの短いコースをDコースらしいね」と私に話をしました。 
それに対し私は「Dコースは正式名称ではないよ。 自分が勝手に命名した」と答えました。
その事はどうでもいいですが、その後、気になるコメントが
Sさんが「あのコースの距離は1,150mだった」と。
私は「どうやって測ったの?」
Sさん「GPS付の時計で」
そう言えば今週の水曜練習会でもGPS付の時計を持っている方から9周で10.5km(1周 1,166m)ということでした。
しかし私が年末コロコロで計測した時は1,192.7mでした。

DSC_2085.jpg

30〜40mの差は大きすぎるということでしっくりこないので
今日の夜練習後に、再度コロコロで計測しました。
結果は以下の通りです

1回目 1,189.9m

DSC_2185.jpg

この時に同時にスマホのGPSで計測した距離は1,190m

中央緑地.jpg

次に2回目のコロコロの計測結果は 1,188.5m
(写真はなしです)


年末の計測した値を合わせて(n=3)で平均値は1,190.367mです。

そして、計測を終わった後、Dコース走っているランナーさんから「距離どのくらいでしたか?」と訊ねられました。

私は「1,190m位です」と答えたら
その方は「私が計測したら1,170mでした」
私は「どうやって計測したのですか?」と訊ねたら
その方は「歩測です(走測)」
その方法としてはコースに設置してある距離ポスト400mまでの走りながら歩数を数えて、さらにDコースの1周の歩数を数えて、その2つの値から距離を計算された様てす。

しかしその400mポストはコロコロで計測したら403mでした。
その方が計測した1,170mに対しその差を加味すると
1,170×403/400=1,178.8mとなります。

その方に400mの実測結果と私の計測結果からDコースの距離は「1,170m〜1,190mですね」と納得されました。
しかし歩測で計測するのは驚きです。 走りながら頭の中で約1,000歩をカウントするとのは凄いと思いました。

私の結論は1,190mままとします。 多分、コーナー部で走るコースによって差は生じると思いますが。。。

帰宅後、その事を妻に話したら、
「寒いのに暇の人が多いね」と一蹴されました。




posted by あっきー at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

みのかも昭和村ハーフマラソン完走記

みのかも昭和村ハーフマラソンを参加し完走しました。 結果は1:49'43"でした。 昨年より5分18秒縮めました。 昨年のかもしか以来の110分切りで少し手応えを感じました。

昨日から風邪気味でテンションはかなり下がっていましたが、早め(6:20)に会場に行き、車中で仮眠。 少し気分が良くなりました。

10時スタート。 スタート地点を通過する際に1分29秒。 脚は軽かったです。 ほぼキロ5分10秒で刻みました。 とりあえず2時間のペースランナーさんを目標に走り、7km付近から始まる坂でペースランナーんを捉えることができました。 9km付近の頂上までは5分30秒まで落ちましたが、比較的楽でした。

それ以降はキロ5分を切るペースでしたが、だんだん腰に疲れが出てきて17km付近からの上りはきつかったです。 110分切れるかどうか微妙になってきて時計とのにらめっこ。 また時々咳き込みが出てきて、周りのランナーさんに心配させました。

昭和村に入りさらに上りが続き、ペースダウン。 110分切りはほぼ諦めたのですが、残り1kmで時計を見ると110分まで残り4分56秒。 コースも少し下っていたので何とかなりそうだと思い、ラストスパート。 1kmを4分38秒で走り切り、フィニッシュしました。

今回のレース結果は、お正月の練習の成果だと思っています。 今回の走りにより2月以降のフルマラソンに少し自信が持てました。

大会関係者と沿道の応援の皆さんに感謝です。 また選手の皆さんお疲れ様でした。

RESULT
0→5km 28'22"
5→10km 54'04"(25'42")
10→15km 1:19'13"(25'09")
15→18km 1:33'51"(14'38")
残り1km 1:45'04"(5'52")
残り1km→F 1:49'43"(4'39")
(ネットタイム 1:48'14")
順位(ハーフ男子50歳代):161位(エントリー547人中)


posted by あっきー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

正月はしご練習

昨日は午前中、菰野町の大羽根公園にて亀べーさん主催の「正月恒例の距離走」に参加しました。 多くのラン仲間の出会い、新年の挨拶をしました。
9時過ぎにスタート。 20kmと決めていたので10km地点で折り返し。 キロ6分半のペースから5分半、ラスト1kmは4分39秒まで上げることができました。

DSCN1960.JPG
<写真:酔いどれランナーさん提供>

15871426_743806022435843_9179411664106401300_n.jpg
<写真:監督さん提供>

時雨があったので虹もきれいに出ていました。

15871290_1186946421381359_1061149412_n.jpg
<写真:博子さん提供>

そして菰野町から鈴鹿市へ急ぎ移動。 午後からほよさん主催の「新年マラソン練習会」に参加しました。 場所は「鈴鹿青少年の森公園」。 流石疲れがあったことと、新年会出席の為、自宅の戻らないといけないことから3.8kmコースを3周(11.4km)して切り上げました。
青少年の森公園では今まで2.5kmコースしか走ったことがありましたが、3.8kmのコースを新たに覚えることができました。 このコースは気に入りました。 また近々走りに行こうと思います。

夕方の新年会も13名参加で大いに盛り上がりました。

練習会を企画された亀べーさん、ほよさんに感謝です。 両練習会の参加の皆さんお疲れ様でした。

posted by あっきー at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

走り初め

あけましおめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。

家族全員で穏やかに新年を迎えました。 長女が帰省していますので家族の女性陣はおしゃべりを楽しんでいます。
走り初めはダムです。 ラン後、水神さんにお参り。 今年ダムを走るであろう多くのランナーの安全を祈願しました。
そして日出ではなく、夕日を見ながら特に今年の決意を考えましたが、特にありません。 
家族が健康であればOKです。 健康であれば何でもできます。

DSC_0442.jpg

 
posted by あっきー at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

走り納めと今年を振り返って

今日、伊坂ダムで無事走り納めしました。 走った後はダムの水神さんにお礼まいりしました。(毎年の儀式です)

買い物等の用事があり走り始めが遅くなりました。 真っ暗の中ヘッドライト点灯して走りました。 ダムからの四日市の夜景がきれいでした。
(セントレア方向に飛行機の光跡が見えます)

DSC_0441.jpg

今年の総距離4,601.9km 昨年より+1,408km。 たくさん走りました。 365日無休ランです。
レースは19大会。 駅伝(2km)からウルトラ(70km)です。 全て完走と思っていますが、そういえば岐阜〜根尾淡墨桜マラソンは油断していて関門に引っ掛かりDNFでした。 18大会完走です。
印象に残ったレースは「鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」です。 久々の110分切り。 並走していたRAXSさんの息遣いが今でも耳に残っています。

一方体調の方はまだまだです。
手術した右膝は大丈夫でした。 いずれにせよ爆弾を抱えているので不安はなくなる訳ではありません。 これからずっと年に1回の定期健診を受けます。
腰は良くありません。 日々のストレッチや体幹トレ等で回復に努めますが、少し時間がかかりそうてす。

日々の練習で一喜一憂しています。 今日は調子が良いとか悪いとか。
そして今日も走れて良かったと思う毎日です。 それが積み重なった結果が4,601.9kmです。

走ることは「遊び」という人もいますが、私には遊びという感覚はありません。 なくてはならない「習慣」です。(中には病気という人もいますが。。) 「習慣」なので続ける努力は必要ないです。 だから毎日続けられていると思います。

あと今年の大きなトピックスはテニスを再開したということです。 ランニングを始めた頃、その他に野球、テニス、スイミングをしていましたが、結局はランニング1本になりました。 そして今年、高校の先輩に勧められテニスを再開しました。 テニスもランニングと違い、試合で勝負ができるという面白さがあります。

来年はいよいよ走り始めて30年になります。 1987年4月5日に初めて大会に出ました。 そして来年その大会に出て初心に立ち返り、気持ちを新たにしようと考えています。

今年、共に走ってくれた仲間、応援をしていただいた仲間、大会の関係者、家族に感謝です。 本当にありがとうございました。

■記録■
<2016年、各月の走行距離>
1月:382.6km
2月:441.3km
3月:435.5km
4月:366.2km
5月:435.1km
6月:382.7km
7月:333.3km
8月:341.2km
9月:301.3km
10月:371.0km
11月:402.4km
12月:409.2km
計:4,601.9km

<1997年12月29日〜の累積走行距離>
75,477.6km

<月までの残りの距離>
308,922.4km(進捗度 19.94%)

<連続走行日数>
2014年7月20日〜 895日



posted by あっきー at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

晦日マラニック

今日は晦日マラニックに参加しました。 実は初参加です。 近年の腰の不調により長距離マラニックができないことから参加を見送っていたのですが、今回は少し調子が上がってきたので参加しました。

当初は鈴鹿から四日市(約15km)まで走ろうと思いましたが、津から四日市(約30km)に変更。 津のちぇみんADまで電車で移動しました。

ちぇみんADで暫く仲間が来るのを待っていましたが、時間的に余裕があったので伊勢方面へ向かいお迎えランに変更しました。

11:30過ぎに伊勢方面に走り出し、約13km過ぎの松阪市に入ったところで無事仲間と出会うことができ、折り返し、津方面に走りました。

そして再びちぇみんADまで27km、約4時間半で到着。 ADでカップラーメンと豚汁をいただきました。 感謝です。 津から電車で四日市まで移動し忘年会で楽しく過ごすことができました。
参加の皆さんお疲れ様でした。 また主催者のたかさんに感謝です。

今日で月間走行距離400kmを超えました。 腰の調子はまだまだですが、来年も晦日マラニック参加できたらいいなと思いました。

<写真:DSPさん提供>
15741013_1321938517879012_2864375149778990520_n.jpg

posted by あっきー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マラニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

四日市中央緑地公園工事

昨日四日市中央緑地公園を走りましたが、コースにバリケードが設置されていましたが、そのバリケードが完全閉鎖。 ついにトリムコースの大部分が使用できなくなりました。 国体の工事が本格的にスタートした様です。

15727230_1033958586733954_1567145905514498355_n.jpg

それでも何とか周回コースを見つけました。周回距離は大幅に短縮し1190m(コロコロにて実測)。

四日市中央緑地公園Dコース.jpg

DSC_2086.jpg
 
勝手にDコースと命名しました。 但しコースの一部は狭くなっていますのでウォーキングの人と衝突しない様に要注意です。 
そのDコースを10周しました。 短いので物足りないのですが、地道に周回を重ねるしかないです。
 
20年以上走った練習コースなので愛着があります。
これからもこの緑地で練習を続けます。

posted by あっきー at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

トヨタの森 トレイルランレース完走記

今日は「トヨタの森 トレイルランレース」の11kmの部に参加し無事完走しました。 今年最後の大会です。
本大会は初めての参加でしたが、このトヨタの森は数年前に練習会で走ったことがあります。 コースはそんなに厳しくないことは記憶にあります。
今日はクリスマスということで、それらしく仮装しようと思いましたが、とりあえず頭にトナカイの角を付けました。

received_731321020363780.jpeg

角はカチューシャに取り付けしました。 昨日妻に縫い付けてもらいました。

レースの方は周回コースを2周するコースで、走路はアップダウンはありますが、記憶通りそれほど難易度が高くないコースでした。 
そしてこの大会はトレイルランレースですが、小学生の子どもたちもレースに参加できて家族が楽しめる大会です。 トレイルの大会としては珍しいです。

さてレース結果は以下の通りでした。 相変わらず下りは苦労しましたが、後半は少しだけペースアップできました。

1km:5'53" 5'53"/km
1→6km:46'42"(40'49") 8'10"/km
6→11km:1:26'29"(39'42") 7'58"/km
50代男子 15位/25人中

トナカイの角が取れるのではないかと思いましたが、何とか持ちました。 そして応援の子どもたちからも「トナカイだ」と声をかけてもらいしました。

無事今年の大会は全て完走できました。 良かったです。

 
posted by あっきー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

全月間300km超達成

今日は年賀状作成(妻と私の分 100枚)しました。 後は買い物や畑に行ったりして日中が終わりました。 夕方より自宅から海岸近くまでラン。 昨日のタータン走の疲れがありましたが、後半はペースアップできました。 左足小指の痛みも少しづつ解消しています。
今日で月間走行距離301.3km。 これで今年の一つの目標である全月間300km超達成しました。

明日は久し振り(約2ヶ月振り)にテニスに行ってきます。 30年前のラケットに新しいガットを張り、新しいグリップテープを巻きました。
少し楽しみですが、久し振りなので球がまともに当たるかどうか心配です。

DSC_2026[1].jpg

posted by あっきー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

東山三十六峰マウンテンマラソン完走記

東山三十六峰マウンテンマラソンを6年振りに出走し完走しました。 今回も不安材料だらけ。 腰は良くないし、右足小指は少し痛みがあるし、一時棄権しようかと思いましたが、妻に「30km、制限時間5時間半、完走できるよ!!」との一声があり、出走することにしました。

スタート時間は6年前より1時間早いので新幹線移動で8時前には会場入りしました。
ウェーブスタートということで9:00から5分毎にスタートということで私は最終の9:10スタートです。
まずは9:00、9:05出走のランナーを見送りました。

DSC_1989.jpg

いよいよ9:10にスタート。 宝が池を1周して市街地を走ります。 5km過ぎで林道に入り比叡山の中腹へ。 ここまではペースは遅いてすが、順調の登りました。 下りもまずまずのスピードで下ることができました。
次の大文字山に入る前の12km地点の京都朝鮮学校のADでツウランさんと遭遇。 応援に来てくれました。 感謝です。

そこから大文字山へ。 ほとんど歩きで上りました。 6年振りの大文字山。 京都市内が見渡せました。 この景色はいつ見ても素晴らしいです。

DSC_1993.jpg

さてそこからの下りは苦労しました。 心配していた右足小指に痛みが出てきました。 ここは我慢して何とか下り終えました。
そして18km地点の日向大神宮のADでツウランさんと合流。 ツウランさんは走って移動されていることで感謝です。

ADからは暫くロードが続き上りは歩かずに走り切りました。

やっと上りが終わり、21kmの将軍塚のADで豚汁やパンをいただきエネルギー補給しました。 そしてトレイルコースへ。 上りはいいのですが、下りは大変でした。 痛みと格闘しました。 腰の疲れもあり踏ん張りがきかなくなりました。
25kmの泉涌寺ADに辿り着きました。

DSC_1999.jpg

この泉涌寺は歴代天皇の陵墓があるので静かに走りました。 
そしていよいよ稲荷山へ最後のトレイル。 ここもきつかったですが、フィニッシュ近いということで頑張って歩きを入れずに走り伏見稲荷へ無事ゴールしました。 スタッフの方から名前をコールしていただき嬉しかったです。

タイムは4時間47分09秒で6年前は4時間23分12秒と比べて遅かったですが、まずまずの結果で満足しています。

この大会は今年で23回目です。 トレイルランニング大会の草分け的な存在の大会です。 本格的なトレイルランナーには物足らないコースかも知れませんが、大会スタッフやAD含めて心優しい大会で大好きです。
来年も参加します。

また下記のことも大会の案内に記されていました。 とても大切なこととして紹介します。

あいさつ:「一般のハイカーや登山者に道を譲るともにあいさつなどの声かけをお願します」

心掛け: 「競技スポーツとしての公平さ、自ら大会成功を担う一員であるい主体性をもってご参加ください」

結果として今日も一般ハイカーも多く、どうしても交錯する時はハイカーの方も一時歩きを止めて「頑張って下さい」と選手たちに逆に声をかけていただきました。 ありがたいことです。 私も選手の皆さんもハイカーに「あいさつ」をしました。 この挨拶により大会成功を担う一員として役目は少しだけ果たせたと思います。

最後に大会スタッフの皆さんに感謝です。 スタッフであるfrunのびわこっこさん、く−さんに声をかけていただきありがとうございました。
また応援していただいた皆さんに感謝すると共にツウランさんに感謝です。 ツウランさんに応援に元気づけられました。 ありがとうございました。
posted by あっきー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

野口みずき杯 2016中日三重お伊勢さんマラソン完走記

お伊勢さんマラソンを走ってきました。 実は3日前に家で躓き、右足小指を痛めてしまい、それからすっかり走るバランスを崩してしまい、DNSを考えましたが、その後の練習では何とか走れそうな感触を得てスタートラインに立つこととしました。

スタートは3分のロスタイム。 スタート地点は野口みずきさんとハイタッチ。 
前半は小指の違和感があり全くペースは上がりませんでしたが、やはり、8km付近の内宮近くのおはらい町を通過するとき、元気が出てペースアップできました。
また小指の違和感も消えました。

そして13km付近の倉田山の上りは少しのベースダウンで上りきりました。

18km付近での伊勢二見鳥羽ラインでは鈴なりに多くの方たちが並んでいて応援をいただきました。 この付近は腰にきて辛かったのですが、助かりました。
そして無事に2時間を切ることができ、昨年より30秒タイムを縮めました。

スタート前で多くのラン仲間にお会いすることができ、走っている時も声をかけていただきました。 ありがとうございます。

昨年は会場、コース変更で駐車場は混雑していましたが、今年は少し混雑がありましたが、大幅に改善されておりました。大会関係者の努力に感謝です。

レース後は恒例の鳥羽の浦村の牡蠣小屋で打ち上げしました。 総勢12名の参加で無事終了することができました。 幹事として満足しています。
来年もお伊勢さんを走り、牡蠣小屋での打ち上げを企画します。

RESULT
0→5km 33'02"
5→10km 59'37"(26'35")
10→15km 1:25'41"(26'04")
15→20km 1:51'53"(26'12")
20km→F 1:57'35"(5'42")

BAhbB1sHOgZmIkpOZWdhLzIwMTYvMTIvMDUvMDAvNTcvNDkvNzMxL2QyNzllNGQ1ZDgzZWE1ZjRmN2FmNTU0NzVhOTE3YzkzZjczYjE3MzNbCDoGcDoKdGh1bWIiDTUwMHg1MDA+.jpg
posted by あっきー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

Ruuners Diary

今日、来年のRunners Diaryを入手しました。  1998年から毎年入手しているので20冊目になりました。
Diaryは練習内容、走行距離、体重等を記録しており、他に子どもの成長のことや家族の様子等を毎日書き留めています。 日記代わりです。
日記の紙面上の関係から1997年12月29日から書いていまして今日までの走行距離74,966.3kmです。 写真の様に地球は1周していますが、来年の終り頃は2周しているかもです。
来年はどんなことが書けるのでしょうか?
良い事も悪い事も書いていますが、少しでも良いことが書けるといいかなと思います。

DSC_0338.jpg
posted by あっきー at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

いびがわマラソン完走記

いびがわマラソンを走り完走することができました。 いびがわマラソンは15回目の出走となります。 今回は「あいの土山マラソン」以降、咳が続いていて体調は完全ではなかったのですが、天気が良かったので気持ち良くスタートラインに立ちました。 

ナンバーカード順(Dブロック)に並びました。揖斐高&揖斐川中学校吹奏楽部の演奏とカウントダウンが始まるとスタートラインに立てたという喜びが沸いてきました。

10時にスタート。 ロスタイムは2分02秒でした。 沿道にはやまと幼児園の鼓隊の演奏に思わず涙が出そうになりました。 いびがわは最高の大会と思いました。 そして子どもたちが鈴なりに並んでいて可能な限りハイタッチしました。 最終的にはいびがわの子どもたちの半数はハイタッチできたかもしれません。
さて問題の腰の方は大丈夫でしたが、ペースはキロ6分〜6分半と上がりません。

フルとハーフの分岐点の手前の揖斐峡大橋を渡ります。 紅葉は少し早めの感じでしたが、天気が良いので景色は最高。

10kmを1:05'59"で通過。 揖斐川の左手に見ながら高度を少しづつ上げます。
15kmを1:36'57"で通過。 上りが続き、腰のだるさが強くなってきました。 でも何とか歩かず走り続けました。 また左足に少し痛みが出てきました。 肉刺ができた様です。
そして20kmを2:07'46"で通過。 

折り返し近くになると太鼓の音が「おおば太鼓」です。 ここでもハイタッチ。 その太鼓の音に元気づけられ、ハーフを2:14'05"で通過。 このペースだと4時間半です。 目標タイムはクリアできそうです。
ここからペースアップしようとしましたが、エンジンがかかりません。 後半は腰のだるさとの戦いでした。

25kmを2:38'28"で通過。 久瀬地区に入ります。 ここでもたくさんの応援がありましたが、余裕なく笑顔で応えることはできませんでした。 申し訳ありません。

30kmを3:10'33"で通過。  ここから少し上りに入ります。 絶対に歩かない様に気合いを入れて走りました。 しかしきつく辛かったです。 4時間半切れるかなと思い、キロ6分半を超えない様に走りました。

33km過ぎで恐れていた激しい咳き込みがあり、沿道の応援の方が見かねて救護へ行く様に言われました。 「大丈夫です」と応えました。 心配かけて申し訳なしです。 幸いにもその後は咳も軽くなり35kmを3:42'27"で通過。 やがて堤防道路に入り暫く走ると、くまのみさんとこりんさんの応援があり元気を頂きました。 ここから懸命に走りました。

40kmを4:14'47"で通過。 ここでさらにペースを上げました。 そして4:27'53"フィニッシュしました。
フィニッシュ後は座り込んだまま暫くは立ち上がることはできませんでした。

何とか4時間半は切れましたが、後半は辛かったです。 昨年より16分タイムを縮めましたが、まだまだです。また後半は余裕なく応援にも応えることができなく、申し訳ない気持ちです。 来年の課題です。 

子どもたちの応援、沿道の皆さんの応援、スタッフの皆さんの準備、運営、ペーサーの支援等、感謝です。 感動ありがとうございました。 参加のランナーの皆さんお疲れ様でした。
いびがわマラソンは何度走っても素晴らしい大会です。 来年もエントリーし走ります!!

RESULT
5km 34'12"
10km 1:05'59"(31'47")
15km 1:36'37"(30'38")
20km 2:07'46"(31'09")
Half 2:14'05"
25km 2:38'28"(30'42")
30km 3:10'03"(31'35")
35km 4:42'27"(32'24")
40km 4:14'47"(32'20")
Finish 4:27'53"(13'06")
posted by あっきー at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

あいの土山マラソン完走記

「あいの土山マラソン」今年で14回目の参加し無事完走しました。 この大会は1998年から参加を続けています。 私にとって大切な大会の一つです。 この大会は地味な大会で華やかさはないですが、お気に入りの大会です。 陸連公認コースで楽しむ大会というより競技性が高い大会です。 コース変更は途中ありましたが昔から変わらないスタンスの大会です。 今の時代ではある意味、貴重で新鮮味がある大会です。 今年は30回記念大会です。 

天気は少し風があったのですが、コンディションは良かったです。 今回は一人で会場入りでキョロキョロしているとYさん夫妻に声をかけて頂きました。 ありがとうございました。 そしてYさんのお友たちSさんとご一緒になりました。 スタート1時間前でアップ。 正直言ってハーフ連戦ということで疲れは残っています

その後、YさんとSさんと3人でハーフのスタート地点に移動しました。 5分前にスタートする彼女たちに「頑張って」と声をかけて整列しました。

男子のハーフ10時45分に号砲。

スタートロスは63秒でした。

1km 6'44"(5'37")で通過。 2km 12'30"(5'46") 渋滞気味。。3km 18'02"(5'34")、4km 23'31"(5'28")と今の状態ではまずまずのペースです。

青土ダムまでの上りが始まります。 5km 29'09"(5'37")。 先に走っていたご一緒したSさんを発見。 「もうすぐ上り終わりますので頑張って!!」と声をかけました。 ペースは落とさず、ダムまで上ることができました。 7km 39'58"、8km 45'05"(5'07")。 先行のランナーとすれ違います。 まずはフルのYさん、同じくfrunのAさん、藤田会のたかさんとエール交換です。

ダムとお別れし、9km 50'04"(4'58") 何とかペース維持。 そして住宅街の中の少しだけ激坂で最高地点を通過し下って10km 55'18"(5'14")を通過。 暫くして水練仲間のKさんが応援の子どもたちへのインタビューされている姿を発見しましたが、頑張って走ります。 この区間は沿道の応援が多く力となりました。 あいの土山で最も応援が多いポイントです。 この辺りから腰回りはきつくなりますが、頑張って脚を進めます。

ダムに戻ってペースアップ。 11km 1:00'16"(4'58")、12km 1:05'52"(4'52")。 土山のコースで一番ペースが上がる所です。 毎年走っていて気持ち良くペースを上げることができる楽しい箇所です。13km 1:10'13"(5'04")、14km 1:15'35"(5'22")。ダム付近で強烈な横風です。 やがてダムとのお別れし下ります。 少しペースアップして15km 1:20'28"(4'53")、16km 1:25'28"(5'00")。 

フルとハーフの分岐点を通過。 17km 1:30'27"(4'58")、18km 1:35'29"(5'02")。 昨年と同様腰回りがきつくなりました。 それでも頑張って脚を振り出しました。 19km 1:40'26"(4'56")。 そしてフィニッシュまでだらだらの坂。 少し心が折れて20km 1:45'46"(5'20")で通過。 そして坂が終わり下ります。 21km 1:50'40"(4'54")。 最後の100mはスパートし、無事フィニッシュしました。 F 1:51'04"(23") 昨年のタイムと比較して5分速かったです。まずまずの結果です。

その後、10km地点でインタビューしていた水練仲間のKさんから取材を受けました。 初体験でドキドキしましたがあいの土山の魅力を伝えました。 
そして私自身は1年前から今回の大会で通算100回完走を達成しました。 いい記念となりました。

来週はいびがわです。 昨年と同様、少し苦しい走りになると思いますが、何とかスタートラインに立てそうです。 そして完走をめざします。

最後に大会スタッフの皆さん、沿道での応援の皆さん、ありがとうございました。 来年もスタートラインに立てる様に練習します。 競技者の皆さんお疲れ様でした。

RESULT
1:51'04"
292位(エントリー 1377人中)
5km 29'09"
10km 55'18"(26'09")
15km 1:20'28"(25'10")
20km 1:45'46"(25'18")
F 1:51'04"(5'18")
posted by あっきー at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

おんたけ湖ハーフマラソン完走記

おんたけ湖ハーフマラソンを無事完走しました。 昨年に引き続き2回目の参加です。 

おんたけ湖ハーフマラソンに参加しようとした理由は、毎年家族でおんたけスキー場で行って楽しむことができた恩返しと、王滝村を元気づける為です。

前日から現地入り。 まずは受付して寄せ書きに「決意」を書きました。 決意とは言っても「スタートラインに立てることに感謝します」ということを書きました。 今の体調では贅沢は言えません。

DSC_1871.jpg

林道を車で上り、田の原まで行きました。 寒かったです。 気温4℃標高2180mです。 ここで御嶽山を眺め、献花台にて合掌しました。 噴火から2年余り。 まだ5人の方が行方不明ということで何とも言えない気持ちとなりました。

DSC_0316.jpg

田の原からスキー場の頂上まで歩いて上り、家族で滑ったスキー場を眺めました。 ここも思い出の場所を一つです。 

DSC_0323.jpg

また夕陽と雲海も眺めることができました。 雲海は絶景でした。

DSC_0317.jpg

DSC_0325.jpg


田の原から降りて宿に到着。 宿は王滝村の中心部にある「滝旅館」です。 文豪 島崎藤村が愛用した旅館です。 マラソン参加者で混雑していましたが、8畳の和室で私一人でした。 何とも贅沢と申し訳ない気分でした。 部屋の中は広すぎて寒くストーブを点けました。 

DSC_1845.jpg

そして本日開会式に参加。 昨年は開会式の前で黙祷があったのですが、今回はなかったです。  大会実行委員長の村長さんのご挨拶でも、そのことは触れていませんでした。 この事はマラソン大会で似つかわしくないことかもしれませんが、少し寂しい気持ちとなりました。

御嶽神社の宮司さんの全員の無事の完走を願って安全祈願をし、王滝小学校と中学校の児童会長と生徒会長による選手宣誓がありました。 何とも微笑ましいです

DSC_1857.jpg

9時30分ハーフスタートです。 出走者数644人です。 後方に並びましたが、スタートロスは30秒位でした。 ペースはキロ約5分20秒位でした。 暫くしておんたけ湖の湖岸を走ります。 昨年よりは紅葉は進んでいませんでしたが、景色は最高です。

DSC_0333.jpg

6km付近から上りに入ります。 ここも何とかキロ6分以内まで抑えました。 そして下りに入りやっとペース

10km手前で湖の終点であるダムを一気に下ります。  

そして11kmから再び上ります。 ここは一番きつい坂ですが。ここは何とか粘ってキロ5分台をキープ。 上り切って暫くフラットコースに出ます。 ここは5分10秒前後をキープし、再びキロ15km付近の上りきった後、集中してフィニッシュを目指します。

かもしかマラソンの様に50分切りと思いましたが、早々に無理だと諦めました。 しかしフィニッシュまで精いっぱい走りました。 腰の違和感は大ですが、何とか折れることなく走り続けました。

フィニッシュ前に名前のアナウンスとゴールテープが準備されており、気持ち良くテープを切りました。

タイムは1時間52分43秒でした。

この大会は応援は多くはありません。 でも「また来てくれた!!」という村民の方たちの喜びを肌で感じました。 また紅葉の山と湖が素晴らしく力となります

王滝村の皆さん、ありがとうございました。 参加のランナーの皆さんお疲れ様でした。

帰り際の駐車場の出口の看板に「ありがとう。 また来年も来てね」と書いてありました。 リピーターとしてこの大会を盛り上げていくことが王滝村の為になると思います。 来年も参加します。 

DSC_1878.jpg

RESULTS
0-5km 27'42"
5-10km 54'01"(26'19")
10-15km 1:20'42"(26'41")
15-20km 1:46'56"(26'14")
20-F 1:52'43"(5'47")

部門順位:57位/128人中
総合順位:227位/644人中

PS. 帰りに「王滝の湯」に行きました。 村の中心部から林道を上るのですが、途中から未舗装となり、少し不安となりましたが、無事辿り着きました。 いい温泉でした。

DSC_1879.jpg

DSC_1881 (2).jpg

DSC_0327.jpg

DSC_1886.jpg
posted by あっきー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

「鈴鹿セブンマウンテンに登ろう!!!」 藤原岳編

先日の日曜日は藤田会登山部「鈴鹿セブンマウンテンに登ろう!」に参加しました。 今回の目的地は「藤原岳」です。 作家の田中澄江の随筆の「花の百名山」の一つとして紹介され花の美しい山です。

藤原岳は20年?振りで登山です。 ゴミを拾いながら登山する。清掃登山以来のことでした。
過去の記憶では楽勝と思いながら、挑みましたが、きつかったです。 でも新たな発見もあり素晴らしい登山でした。

三岐鉄道で西藤原駅下車。 途中小学校がありましたが、もうすぐ閉校らしいです。 少し寂しい気持ちとなりました。
DSC_1705[2].jpg

裏道(聖宝寺道)で登山。 最初から階段、また堰堤(えんてい)を超えた後、つづら折りの上り。 少し心が折れました。 水1L、スポーツドリンク0.5L、お茶1.5L、その他加えて全重量5.4kgのリュックは重かったです。
DSC_1714[2].jpg

しかしその内に慣れて何とか避難小屋まで到着しました。
DSC_1727[1].jpg

ここでカップラーメンとコーヒーをいただきました。 美味しかったです。 お湯を沸かしていただいたM師匠に感謝です。
DSC_1725[1].jpg

DSC_1726[1].jpg

その後、頂上まで登りました。 頂上からの眺めは素晴らしいかったです。 四日市や木曽三川も見ることがてきました。
DSC_1740[1].jpg

少しだけお花も咲いていました。 多分「ゴマナ」と思います。

DSC_1756[1].jpg

頂上付近一帯と少し過ぎた辺りもは石灰石石柱が点々とありました。 この風景はカルスト台地と鍾乳洞で有名な山口県の秋吉台にそっくりだと思いながら歩きました。 この石灰石石柱は「カレンフェルト」と呼ばれ秋吉台でも有名です。 このことは後から博子部長から教えて頂きました。 ありがとうございます。

DSC_1761[1].jpg

巨大なケルンを発見。 私も1個積み上げました。
DSC_1759[1].jpg

帰りは天狗岩に立ち寄りました。 ここは怖くて下を覗くことができませんでした。 
DSC_1766[1].jpg

そして下山開始。 鉄塔に到着。 下は中里ダムが見えます。
DSC_1778[1].jpg

その後、途中何回か転倒、いが栗のトゲが手のひらに刺さり出血し痛いを思いましたが、無事下山。 約13km、6時間半の行程でした。 

そして阿下喜のホテルでの温泉と打ち上げ、楽しかったです。 
今回は登山はあまり自信なかったのですが、12月の2本のトレイルの大会に向けていい練習となりました。
博子部長には感謝です。 参加の皆さんお疲れ様でした。
 

posted by あっきー at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

歩こう会

今日は高校同窓会の歩こう会でした。 目的地は岐阜県揖斐川町にある谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)です。西国三十三所満願霊場です。 いわゆるマラソンにたとえると西国三十三所のフィニッシュ地点となります。

大垣駅から電車に乗ります。 樽見鉄道です。

DSC_0200.jpg

車内の様子です。

DSC_0206.jpg

約40分で谷汲口駅から歩きます。 華厳寺まで一里(約4km) 川沿いをゆっくり歩くきます。

DSC_0219.jpg

華厳寺近くに駅がありました。 名鉄谷汲線です。 2001年に廃線となりました。 今の交通手段はコミニュティ―バスです。

DSC_0225.jpg

参道を歩きます。 観光客はちらほらという感じです。 でも紅葉の季節となったら人は増えるでしょう。

DSC_0233.jpg

山門で集合写真です。 ほとんどの方は私より先輩となります。 

DSC_0238.jpg

本堂の階段です。 結構急です。

DSC_0246.jpg


そして本堂の赤ちょうちんです。立派です。

DSC_0250.jpg

境内の紅葉はまだです。

DSC_0261.jpg

御朱印を頂きました。 3つの御朱印です。 「現世」「過去世」「未来世」という意味らしいです。何と書いているか調べてみます。

20161022_211133.jpg

DSC_1701.JPG

DSC_1700.JPG


満願堂です。
 
DSC_0259.jpg

お土産は富有柿と草餅。 楽しみです。

DSC_1702.jpg

参拝後、皆で山門の前の旅館で温泉と食事会をして親睦をはかりました。 次は名古屋での忘年会です。

今度は紅葉の時にじっくりと回りたいです。 
posted by あっきー at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン完走記

昨日「鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」に参加し完走しました。 昨年よりこの大会に復帰。 8回目の参加となります。2005年のプレ大会である「菰野町民マラソン大会」に参加しているので思い入れのある大会の一つです。

くまのみさんと電車で移動。 ここで中菰野駅でちえみんにお会いしました。 前日から7夜通し70km走った後の応援ということで感謝です。

会場に8時半過ぎに到着。 天気が良く暑い位です。 受付終わった後、所属の藤田会のメンバーと藤田会&frunのRAXSさんと合流。 そしてのびたさんとの力強い握手、嬉しかったです。 RAXSさんと同じ新しいfrunのランシャツにて出走することになりました。そして「一緒に走るましょう」と声をかけ並走することになりました。

スタート前にRAXSさんとくまのみさんと軽くアップしました。 アップ中に数人の走友から声をかけて頂きました。 知っている仲間が多いこの大会。 魅力の一つです。

20分前にRAXSさんとスタートラインに立ちます。 「どこに並びますか?」とRAXSさん相談した結果、1時間45分のペースのエリアに並びました。 少し速いエリアに並んで大丈夫かな思ったのですが、今から思うと正解でした。

ここで大会スタッフのはぴちのPapaさんと会い握手しました。 ハンドマイクで「私と同級生です」と紹介してくれました。 嬉しかったです。 

11時にスタート。 最初は上りです。 そして高速道路の工事の為、2箇所の急カーブ。 大会スタッフの「急カーブなので気をつけて下さい」との声掛けによりスムーズに走ることができました。 藤田会のメンバーの応援を受け約2.5kmの坂を上りきりました。 ペースはキロ5分半です。 想定はキロ6分でしたが、随分速いペースです。 そして秋桜畑を過ぎて、田んぼを両側に見ながら下ります。 ここでペースは5分を切る様になりました。 RAXSさんとの並走です。 下りきって5kmを25分52秒で通過、藤田会のメンバーとツウランさん、ヨネヨネさん夫妻との応援を受け先を進みます。

14642941_964591176985808_670099150_n.jpg


7km手前で応援のY田先生とハイタッチ。 私と同じ膝の手術されて復活。お元気そうで良かったです。
やがて国道に入ります。 ここで私がRAXSさんより少し先行しますが、RAXSさんの苦しいそうな息遣いが聞こえてきます。 しっかりついてきていると思い気合いが入ります。

国道から左折し、いよいよこのコースの最大の難所である尾高高原への上りが始まります。 8→9km 5'02"
9→10km 5'52" 10→11km 6'15"と急激にペースダウン。 この坂は絶対に歩かないと決めたので頑張って走り切りました。 そのおかけで腰に相当にきました。 11kmから下りですが、腰のダメージが強く気持ちよく下れませんでした。 RAXSさんとも並走しますが、RAXSさんも脚が痛いそうです。 息苦しさと脚の痛みに闘って走るRAXSさん、ここからお互い言葉も少なくなりましたが、集中力を高めて走ります。

14kmでたかちゃんエイドに到着。 ここで給水。 ありがたいです。 しかしせっかくの給水を頭にかけてしまい、無駄に使ってしまいました。 申し訳ありません。

たかちゃんとヨネヨネ夫妻のほよさんの応援を受け、私の方は腰がきつく大変な状況でしたが、大いに元気づけらけました。

15kmまでまた緩やかに上りが始まります。 ここはいつも向かい風となりますが、幸い風はなかったです。 15kmで1:18'32"で通過。 ここで1時間50分を切れるのではと思い、少し気合いが入りました。

再び17kmまで坂が始まります。 ここでRAXSさんに先行されます。 粘りますが、なかなか差が縮まりません。 18km過ぎでやっと上りが終わり、最後の下りに入ります。 ここは相当スピードは上げることができますが、だめでした。 RAXSさんはどんどん先行します。 また1時間50分を切れることがわかったので守りの走りとなりました。
 
とうとうRAXSさんに追いつくことができず、ヘロヘロでフィニッシュしました。 1時間49分42秒でした。
フィニッシュ後も一礼もできず、歩くのも精一杯でした。
こんなにきついハーフは久し振りで、また忘れることができないレースの一つとなりました。

RAXSさんと共に50分を切ることができて本当に良かったです。 RAXSさんも嬉しいそうでした。これからもお互い頑張っていきたいです。

また大会スタッフの絶大なるサポート、所属の藤田会の皆さんの応援に感謝です。

<写真:Yさん提供 ありがとうございました>

RESULT
5km 25'53"
10km 51'38"(25'45")
15km 1:18'33"(27'55")
20km 1:43'53"(25'20")
F 1:49'42"(5'49")
103位
posted by あっきー at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

京都観光マラニックC(最終回)

天使さんから約600m走った後、因幡薬師(平等寺)に到着しました。 

DSC_1622[1].jpg

その因幡薬師の由来は以下の通りです。
(以下の内容は因幡薬師のHPからの要約しました)
**
平安時代、橘 行平(たちばなの ゆきひら)という人がいました。 天皇の命で因幡国(現鳥取県)に神事の為に行きました。そして帰る途中、急病になりました。神仏に祈り続けていると、僧が現れました。

「因幡国賀留津の海中に一つの浮き木がある。その浮き木は衆生済度(人々を救って悟りを得させるため)に遠くの仏の国からやってきた。あなたは速やかにこの浮き木を求めて供養しなさい。そうすれば必ず病気は治る。さらに一切のあらゆる願いが成就するだろう」

行平は正夢に違いないと思い、早速人々を集めて大網をもって海底を探らせたところ、お告げの通り一つの浮き木がありました。それは薬師如来の尊像でした。

行平は喜んでこれを信心しこれを供養する草堂をこの浦に建て薬師如来像を祀りました。

その後、行平の病気は平癒し、無事に京に帰る事が出来ました。ところが帰京した行平にまたある夜、また僧の夢を見ました。

「我は西の天より来て、東の国の人々を救おうとやってきた。あなたには宿縁(前世からの因縁)があるから重ねて事を示す」

行平が夢から覚めると丁度、屋敷の西門に来客があると家人が呼びに来ました。

行平が「どなたですか」と問うと「因州の僧だ」と返答がありました。行平は驚いて西の門を開けさせたところ、あの薬師如来の尊像が立っておられたのです

さっそく行平は五尺余りの尊像を碁盤の上にのせて安置しました。行平は屋敷を改造してお堂を作り、このお堂を因幡堂と名付けたのです。

**
この平安時代、京都では「東寺」と「西寺」の二つの寺のみを認め、私寺の建立を禁じたということです。 いわゆる桓武天皇の「私寺建立禁止令」です。 しかしこの場合は自分の屋敷を改造したということで大丈夫だったみたいです。(バレなかった??)

またこの因幡薬師(薬師如来)は日本三如来の一つです。 他の二つに長野の善光寺の阿弥陀如来、京都嵯峨釈迦堂(清涼寺)の釈迦如来です。

薬師如来ということで病気を治すというご利益があり、今は「がん封じ」としてお参りする方が多いそうです。

早速皆でお参りしました。

DSC_1623[1].jpg

ここの因幡薬師を出発し南から東へ向かい鴨川を渡ります。 そして豊臣秀吉が祭られている豊国神社へ向かいます。 豊国神社に続く通りは「正面通り」と呼ばれています。 何故「正面通り」なのか??? これは後ほどわかります。

豊国神社の前の「耳塚(鼻塚)」に到着です。 

この塚の由来はこうです。 天下を統一した豊臣秀吉がさらに大陸まで統一しようとした際、朝鮮半島に侵略したいわゆる文禄・慶長の役で朝鮮軍民男女の鼻や耳をそぎ(首の代わり)、塩漬にして日本へ持ち帰りこの地に埋められたそうです。 何とも残酷な話で悲しくなりました。

DSC_1625[1].jpg

豊国神社に向かいます。 この通りは「正面通り」です。

DSC_1626[1].jpg

豊国神社。 ここはスルーしました。

DSC_1628[1].jpg

神社に隣接している方広寺に到着しました。 問題の鐘です。 いわゆる鐘銘事件「しょうめいじけん」。 

その事件とは。。豊臣秀頼が家康のすすめで方広寺大仏を再建した際,同じく鋳造した鐘の銘文中「国家安康」の字句が,家康の名を分割し身を切断することを意味し,徳川氏を呪詛(じゅそ)し,「君臣豊楽」の文字が豊臣家の繁栄を祈願していると非難し,大仏開眼を延期させました。これをきっかけに家康と秀頼が対峙することになり、大坂の陣が始り豊臣家が滅亡することになりました。

DSC_1629[1].jpg

DSC_1630[1].jpg

「君臣豊楽」「国家安康」の字がくっきり見えます。 白く着色していなければ見えません。「君臣豊楽」が「国家安康」上に書かれていることも良くなかったかもしれません。 

 拡大.jpg

さて方広寺には大仏がある?(あった?)ということで少しだけ先に進みました。 さて前述の「正面通り」とは方広寺の大仏の正面につながる通りであることに由来します。

DSC_1632[1].jpg

DSC_1636[1].jpg

DSC_1634[1].jpg

かって大仏があった所(大仏殿)は草ぼうぼうでした。 観光客もいません。

かってここの大仏殿が文禄4年(1595)にほぼ完成。 高さ約19mの木製金漆塗坐像大仏が安置されました。 (奈良東大寺の大仏は約15mなのでそれよりも大きいです)

翌年の慶長元年(1596)に地震(慶長伏見地震)があり、開眼前の大仏は倒壊してしまいました。 その後、再建しようとしましたが、火災や落雷で焼失。 

その後、豊臣秀吉の不人気?ゆえに再建されなく、今に至っています。
近くの電柱には大仏という標識がありました。 ここに大仏があった証のひとつです。

DSC_1637[1].jpg

ここでマラニックでの観光は終わりました。 9キロ近く、2時間半のマラニックでした。 中身の濃く、充実したマラニックでした。 まりもさんに感謝です。 普段観光客が行かない場所を案内していただき、京都の別の側面を観ることができ勉強になりました。

DSC_1635[1].jpg

京都タワーに戻りタワーのお風呂に入り、近くのホテルでfrun20周年のパーティーに参加し楽しく過ごすことができました。 

マラニックからパーティーまで充実した半日でした。 参加のfrunの皆さん、お疲れ様でした。 ありがとうございました。

またこのブログを読んでいただいた皆さんありがとうございました。

posted by あっきー at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マラニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする