2006年07月17日

講演会

今日の夜、PTAの講演会に出かける。 講演会のテーマは「子どもを犯罪からどう守るか」〜犯罪機会論と地域安全マップ〜で講師は立正大学教授 小宮信夫先生である。 講演の内容はなかなか興味深いものであった。 講演の概要は以下の通りである。
犯罪防止として現在の日本では「犯罪原因論」、即ち犯罪者の心理、育った環境等の「人」に観点がいくが、「犯罪機会論」即ち犯罪を起こし易い場所に観点を移すべきだと。。 その犯罪機会論を具現化したのが「地域安全マップ」である。 そのマップにて犯罪が起こりやすい場所を抽出する。 犯罪の起こりやすい場所として「容易に人が入れる場所」と「人から見えにくい場所」。 また落書き、放置ゴミがあるところ、窓が割れている様な建物(割れ窓理論)も人が無関心な所も犯罪が起こりやすい場所である。 また従来の「不審者マップ」、「犯罪マップ」は副作用があり、何も効果がない。 それは過去に犯罪が起こった場所を調べることは、被害者にとっては触れて欲しくないことを思い出させることになる。 また「人を信じない」が前提となっているので子どもたちへの教育、地域の一体性に反することになる。
「地域安全マップ」は子どもたちが作ることにより子ども自身が自ら守る力を養える効果と地域の住民と話がでく、子どもたちが地域が好きになる効果がある。
以上が講演の概要である。
自宅近くをランニングしているが、その様な危険な場所は結構多い。 個人だけではなく、地域全体が安全に関心を持ち、いかに行動するかは大切である。 何らかの形で行動したい。   
posted by あっきー at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして。Jog Noteで拝見しました。松阪トレイルラン参加予定のまさです。三重県津市在住で、伊坂ダムサイクリングロードもときどき走っております。参加する大会もかなりかぶっておりますので、たまにおじゃまさせて下さい。なお、昨年は桑名100キロ、今年は木津川、津シティー、桑名リバーサイドを走りました。四日市ロードレースは腰痛のため棄権でした。51才ですが、いまだに自己新を目指しているオヤジです。
Posted by まさ at 2006年07月19日 00:51
コメントりがとうございます。 私も今年、木津川、津シティー、リバーサイドを走りました。 伊坂ダムは私のホームコースです。 多分、顔合わせているでしょう。 今度、松阪にて声をかけますので宜しくお願いします。
Posted by あっきー at 2006年07月19日 02:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック