2014年08月02日

甲子園の由来

甲子園球場が昨日で90周年迎えました。昨日ラジオで知りましたが、その甲子園の名前は十干十二支(じっかんじゅうにし)に由来しているといことです。
十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種
十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種
十干十二支を組み合わせると60種類となり、年に当てはめると、60年となります。
よく知られているのは「丙午(ひのうえうま)」です。 60年の最初の組合せは「甲子(きのえね)」で、1924年(大正13年)にあたります。 その年に甲子園球場が完成し、十干十二支の最初が「甲子」で縁起が良いことから甲子園球場と命名されたということです。

8月9日からその甲子園球場で全国高校野球選手権が始まりますが、我が母校はシード校でありながら地方予選2回戦で負けました。 先日の同窓会で会長が悔しがっていました。 甲子園は行ったことがないので、いつか母校が出場することがあれば応援に行きます。


posted by あっきー at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック